いま足元でなにが起こっているのか...

「知る」ことが未来を切り開く...巷にあふれている情報から知るべき重要なものを、広く報じられているものからテレビも扱わない隠れた情報をピックアップ!!

塩野義製薬の国産ワクチンが来年は6000万人に...

 

f:id:SheelReport:20210627145509j:plain

国産ワクチン 塩野義製薬

 いよいよ国産ワクチンが...

塩野義製薬が開発中の新型コロナウイルスワクチンを生産・供給できる人数が、来年1月から年間最大6000万人分へ倍増する...

 これまで「3000万人分の供給」としていたのが、「国産ワクチンを安定的に供給」するとして、供給量を倍増する考えを示しました。

塩野義製薬のワクチンは、現在第1、第2段階の臨床試験(治験)実施中...

同社は提携先である医薬品製造会社「ユニジェン」の岐阜県池田町の工場で生産設備を整備中。これまで年内に3千万人分のワクチンの生産体制を整えるとしていた...

<独自>塩野義の国産ワクチン 年明け6千万人分供給可能(産経新聞) - Yahoo!ニュース

最終段階の大規模な治験は、アフリカや東南アジアで実施するように調整中だそうです。

塩野義は国内でも千例規模の治験を検討している。これを踏まえ、一定の条件を満たせば承認を受けられる国の「条件付き早期承認制度」が適用されれば「年内の実用化が可能」としているが、並行して最終段階の大規模な治験を世界の流行地域で実施する...

<独自>塩野義の国産ワクチン 年明け6千万人分供給可能(産経新聞) - Yahoo!ニュース

塩野義製薬のワクチンは「遺伝子組み換えタンパクワクチン」になります。

すでにインフルエンザワクチンなどで実績がある技術で、新型コロナウイルスの遺伝子の一部を基に昆虫細胞でタンパク質を培養して作るものです。

武田薬品は、米モデルナと英アストラゼネカのワクチンを国内で製造します。米ノババック社開発のワクチンを国内で製造します。

そう考えると、国内開発初の承認を目指すワクチンは、塩野義製薬が最初ということになりそうです。

 

国産ワクチンの開発状況

現在国内企業や研究機関においても、ワクチンの開発や生産体制の整備が行われています。

米国のファイザーやモデルナ、英国のアストラゼネカなど、海外のワクチンばかりが話題となっていて、マスコミでも国産ワクチンに関しては取り上げられませんが、厚生労働省ホームページには、国内でのワクチン開発状況が載っています。

新型コロナワクチンの開発状況について|厚生労働省

国内開発コロナワクチン進捗状況は以下のとおりです...

  • 塩野義製薬+感染研/UMNファーマ(組換えタンパクワクチン)
     2020年2月 第1・第2相試験開始
     2021年末までに3000万人分の生産体制構築を目標(今回修正報道)
  • 第一三共+東大医科研(mRNAワクチン)
     2021年3月 第1・第2相試験開始
  • アンジェス+阪大/タカラバイオ(DNAワクチン)
     第1・第2相試験開始(大阪大、大阪市立大)
     第3・第4相試験開始(東京・大阪の8施設)
     大規模第3相試験を2021年内に開始の意向
  • KMバイオロジクス+東大医科研/感染研/基礎研(不活化ワクチン)
     2021年3月 第1・第2相試験開始  

今使われている海外製のワクチンは、それぞれ...

今後使われそうなワクチンとしては...

  • ウイルスベクターワクチン:米ジョンソン&ジョンソン
  • 組換えタンパクワクチン:仏サノフィ社、米NOVAバックス社、塩野義製薬  

そもそも「ワクチン」とは、病原体を無毒化あるいは弱毒化して作られた抗原を投与して、ヒトの体内で病原体に対する抗体産生を促して、感染症に対する免疫を獲得する感染症予防医薬品のことで、それぞれの特徴は以下のとおりです...

  • 組換えタンパクワクチン
    ウイルスのタンパク質(抗原)を遺伝子組換え技術で作成
  • mRNAワクチン
    ウイルスのたんぱく質を作る基になる情報の一部を注射し、この情報を基に、ウイルスのたんぱく質の一部が作られ、それに対する抗体などができる
  • DNAワクチン
    ウイルスのDNAを人に投与し、人体の中で、DNAからmRNAを介してウイルスのタンパク質(抗原)が合成される
  • 不活化ワクチン
    従来型のワクチンで、病原性を完全になくした(不活化)ウイルスや細菌を人に投与 
  • ウイルスベクターワクチン
    人体に無害な改変ウイルスを「運び屋」(ベクター)として使用し、新型コロナウイルスの遺伝子をヒトの細胞へと運び、細胞の中に入った遺伝子から、抗原となる新型コロナウイルスのタンパク質(抗原)がつくられる
  • 組換えタンパクワクチン
    すでにインフルエンザワクチンなどで実績がある技術で、新型コロナウイルスの遺伝子の一部を基に昆虫細胞でタンパク質を培養して作るもの